牡丹の栽培方法・剪定方法

● 美しい牡丹(ボタン・ぼたん)を育てるために ●

 種付時期

9月下旬〜11月末(但し、3月までは移植が可能です。)

 種付場所

水排への良いこと。(但し、乾燥しすぎる場所は禁物です。)

地下水が高くて、雨後水溜りになる場所では、30cm位盛土をして受付をします。

 種付方

植穴は直径30cm、深さ50cm位とし、元肥として肥料を1株当たりバケツ半分位入れ、その上に5cm位覆土をして植え付けます。

その時、接ぎ口が10cm位土をかぶせるようにします。

 肥料
  • 芽出し肥 / 2月下旬〜3月上旬
    2回位、油粕・骨粉
  • 礼肥 / 花後
    油粕・骨粉、1株当たり3〜5握り位
 殺菌剤

灰色かび病

  • ベンレート水和剤 / 1000倍液2回
    (5月〜7月)
  • ゲッター水和剤 / 1000倍液1回
    (5月〜7月)

Top